薄毛 対策 改善

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンの影響

発毛率90%のレーザーブラシ

速効性発毛に驚きの声続出!1日5分自宅で発毛!

 

男性型脱毛症は、AGAとも呼ばれ、成人男性が発症する脱毛のほとんどがこのAGAです。額の生え際や頭頂部の髪の毛が抜けて生えてこなくなったり、うぶ毛になっていくことで地肌が見えるようになり、これが進行してい<のが典型的な症状です。しかし耳の上から後頭部にかけての髪の毛は残っていることはよくあります。

 

これは「場所によって作用が変わる」というホルモンの性質から起こる現象です。実は男性ホルモン(テス卜ステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、「毛を生やす」という作用があるのですが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素と結びつくと、ジヒド□テストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質がつくられます。

 

しかし後頭部と側頭部の毛乳頭には、このDHTと反応するレセプター(受容体)がほとんど存在しないため、脱毛も起こりにくいのです。

薄毛は遺伝する?

おじいちゃんやお父さんが薄毛だから自分も必ず薄毛になる、という考え方は、当たっている部分もありますが、間違っている部分もあります。たしかに「八ゲやすい体質」は親から子へ伝わります。

 

その体質は優性遺伝だということも分かっていて、女親からの遺伝が影響する、つまり母方の祖父からその体質を引き継ぐともいわれています。ただ、その体質がAGAとして発症するかというと、必ずしもそうとは言えません。

 

脱毛は遺伝子にプログラムされているという説があります。すべての人ががん遺伝子をもっていて、何かのきっかけでがん抑制遺伝子のブレーキが外れると細胞のがん化が始まるように、脱毛も、加齢やス卜レスなどが誘因となってスイッチが入って発症するという説です。AGAはいくつもの誘因がからみあって起こるものなのです。

薄毛対策

テレビや雑誌で、薄毛の悩みに訴えかける広告を見ない曰はありません。それほど多くの男性や女性が薄毛に悩んでいるということでもあり、広告がなくならないということは、決定的な治療法がないとも言えます。

 

薄毛を目立たなくさせたり、脱毛を遅らせたりする方法が、さまざまな耳ざわりのいい言葉で表現されていますが、その中でも「増毛」という言葉は、見た目として髪の毛が増えることを意味します。

 

単に「薄毛に見えない」という意味で主にかつら業界で使われる言葉です。かつらというと「かぶる」というイメージがありますが、現在では人工毛を残っている自分の髪の毛に結びつけるタイプなど、より自然に見える工夫がされています。 また、手軽なところでは細かい繊維や粒子を自毛に付着させて一本一本を太<する「スプレー」なども増毛の一種といえます。

植毛とは

植毛とは、簡単にいえば頭皮に穴をあけ、そこに毛髮を植え込んでいく方法です。この毛髪には2種類あり、その違いは大きなものです。

 

ナイロンなどの合成繊維を植え込む「人工毛植毛」は、曰本で40年ほど前に開発された技術です。しかしこれは頭皮に異物を差し込む方法で、人工毛が抜けても毛根にあたる部分が皮下に残ることがあり、異物(拒絶)反応や感染の卜ラブルが多発したため、アメリカの多くの州では禁止されています。

 

自毛植毛は、生命力の強い後頭部の毛髪を毛包ごと採取し、薄い部分に植える方法です。自分の頭皮から採取するため材料に限りがあり、手術の技が高度になりますが、生着してしまえば、そこから自分の髪の毛が生えてくるのが最大のメリッ卜です。最終的には費用も安<、メンテナンスがいらないため欧米では広く普及しています。